驚異のナノテクノロジー スキルチタン!抗菌・消臭・防汚効果を発揮!環境にも人体にも安全なコーティング!撥水効果・超光沢・防汚効果に優れた油性シリコンコーティング!

細菌の特徴

細菌の特徴 スキルチタン編

スキルチタンはインフルエンザ菌に強い減菌力を発揮します!

80.9%〜99.9%の高い減菌力を発揮するスキルチタンで細菌を撃退

大腸菌  抵抗力の弱い子供やお年寄りを攻撃
              スキルチタンで98.4%の減菌率を証明

大腸菌

★特徴
大腸菌は、健康なヒトの大腸内で生息し、また環境中にも広く分布している微生物ですが腸管出血性大腸菌O157などのように、ある種の大腸菌はヒトに下痢、腹痛などといった病気を起こします
牛や豚が主な感染源。菌が出すベロ毒素が抵抗力の弱い子供やお年寄りを中心に襲う。4〜5日の潜伏期間の後、激しい腹痛・下痢・下血が起こり死亡すりこともあります。胃酸に強くわずかな菌で感染する特徴を持ちます。

★アドバイス
肉類だけでなく牛などの糞便で汚染された野菜や水も感染源になります。
菌は熱に弱いので、加熱が何よりの予防策です。75度以上で一分間加熱すれば菌は死滅します。逆に低温には強いので冷蔵庫の過信は禁物です。

黄色ブドウ球菌 感染源は調理者の手指から
             スキルチタンで99.9%の減菌率を証明

黄色ブドウ球菌

★特徴
人の皮膚・鼻・腸など人体のどこにでも存在する菌です。
感染すると3時間程度の短い潜伏期間で急激に発症するのが特徴です。
発熱はなく強い吐き気が主な症状ですが、2〜3日で回復して死に至ることはまれです。

★アドバイス
黄色ブドウ球菌の毒素は大変、熱に強いので調理前に予防策をとるのがコツです。
感染源となりやすい調理者が十分な手洗いをすることがまず第一です。特に傷やあかぎれには菌が住みやすいのでゴム手袋をすると安全です。

サルモネラ菌 日本の食中毒第一位!主な感染源は卵
             スキルチタンで80.9%の減菌率を証明

サルモネラ菌

★特徴
卵・鶏肉から感染することが多く、卵の殻だけでなく中身も汚染されていることがあるので調理法には注意が必要です。
食中毒を起こすと、発熱を伴う消化器障害が起こる。また、ペットのミドリガメやネコなど動物が感染源になることもある。

★アドバイス
熱に弱く75度以上で一分以上加熱すれば死滅しますので、卵料理は十分に火を通すことが必要です。
購入後は新鮮なうちに使い切れば安心です。注意したいのは卵の割り置きは菌を増殖させるので厳禁です。

緑膿菌    水回りの微量な有機物で増殖
           スキルチタンで98%の減菌率を証明

緑膿菌

★特徴
自然環境(水中や土壌)をはじめ、人や動物の皮膚・消化管・糞便などに発生する細菌です。
病原性はそれほど高くありませんが、栄養分の少ない場所でも増殖が可能で、他の病原菌と共に感染(=混合感染)するケースが多々あります。
たとえば、水まわりにわずかでも有機物が存在するだけで増殖、また、病院内でも生殖し、院内感染を起こす引き金にもなります。
緑膿菌の感染にいたるまでの経路として、医療に関する器具や環境を通しての感染、自身による感染の2つが考えられます。

★アドバイス
健康な人であれば、手洗い・うがいを行うことで防ぐことができます。その際、石けんやうがい薬を使うのも良いでしょう。病院など、緑膿菌の感染に注意が必要な場所においては、医療に関する器具をはじめ、患者が触れる可能性のある場所をきちんと消毒することが大切です。

カビ    カビ汚れ・カビ臭はアレルギー疾患の原因
         スキルチタンで発生率1%未満を証明(28日間)

★特徴
カビが発育する条件はまず栄養。デンプンなどの食品だけでなく、木材、畳、壁、布、布革、ガラス面、タイル面、コンクリート面、金属、岩石、電子部品、接着剤などまで栄養源にします。次は温度、ほとんどのカビは5℃〜35℃の範囲で発育しますが、20℃ を超えると急に活気づきます。3つ目は水分、じめじめした場所が大好きです。4つ目は酸素、ほんの少量の酸素で発育します。

こういう発育条件が当てはまる場所や物は、家の内外にたくさんあります。最も発生する場所は浴室、洗面所、キッチンなどの水回りですね。中でも浴室はカビの好む4条件がすべて揃っています。
また、サッシ窓のガラスまわりのゴム目地、冷蔵庫のゴム、パッキンもカビ生育にピッタリ。水回り以外でも室内の天井、押し入れ、げた箱、衣類、靴、鞄などの布皮製品、畳、カーペットと、カビの発育場所は事欠きません。

★アドバイス
お風呂のカビ予防の裏技。まずはお風呂から上がる際必ず冷水を壁と床にシャワー!石鹸分や湯垢を洗い流し、浴室内の熱気を冷まします。これでカビの発生率がグーンとダウン!
また換気扇はドアを5センチ程度に少しだけ開けてかけておくのがコツ。ドアを開けすぎると換気扇の効果が少なく、逆に完全に閉じていても空気がうまく循環しない上に換気扇が止まった後また空気がこもってカビ発生の元に・・・。
この2点だけ注意すればかなり違いますよ。
a:3900 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional