驚異のナノテクノロジー スキルチタン!抗菌・消臭・防汚効果を発揮!環境にも人体にも安全なコーティング!撥水効果・超光沢・防汚効果に優れた油性シリコンコーティング!

他社製品比較

画像の説明

他社製品との比較

フロアーコーティングと一言でいっても、多くの業者や独自のコーティング名で説明表記されていて、お客様はどのコーティングが良いのか大変迷うところではないでしょうか?
本ページでは代表的なコーティングを簡単に解説していきます。是非、参考にしてみてください。

UVフロアーコーティング(プラスチック系・ウレタン樹脂)

硬度5H~7Hの硬い塗膜が売りだが、その特徴にも注意
アクリル樹脂よりも原材料価格が高価なものがウレタン樹脂です。ウレタン樹脂は樹脂の濃度を高くすればするほど、硬くなり長持ちするようになります。今までは体育館の床面などのように消耗の激しい床面に主に使われてきました。一般の住宅にはこの樹脂のワックスはほとんど使われることはありませんでしたが、現在は、新しいコーティングとして、新築分譲マンションや、一戸建て住宅にも盛ん使われるようになっています。

UVフロアーコーティングは樹脂系塗料にUV照射機で紫外線をあて瞬時に硬化させるコーティングです。合板フローリングは工場出荷の最終段階ですでにこのUV加工が行われています。UVフロアーコーティングは、さらにウレタン樹脂濃度を高め、硬い塗膜に仕上げるサービスと言えます。

UVコーティングは、非常に硬い塗膜にすることができますが、プラスチック樹脂のため、通気性が悪い状態になりますから、マンションなど多量のコンクリートが使用されている建造物においては、湿気の排出を妨げる要因ともなりますので、あまり硬い塗膜にも注意が必要と言えます。(塗膜硬度は5H~7H)
※UVコーティングについてのご質問等は専門業者にご相談ください。

シリコン・フロアーコーティング (元素系・シリコン樹脂)

整形美容業界でも使う安心・安全なシリコン樹脂!貴方は何を基準で選びますか
シリコン樹脂は非常に柔軟で素材への密着が良好です。ビール瓶の周りに破損防止でシリコン樹脂による塗膜が作られています。また、整形美容業界でもでもシリコンは多く使われていますね。
人体にも基材にも安心で安全なコート剤といえます。

シリコン樹脂の最大の特徴は、水の分子より小さく空気の分子より大きいということです。つまり、水は通しませんが空気は通しますので、素材を水分による劣化や腐敗から保護する効果が大きいと言えます。また、常温での硬化状態が良好で、当社の特殊シリコン・コート剤は高分子融合により弾力性があるのに硬度5Hの塗膜を形成します。

シリコンは珪石・珪砂と酸素の結合天然物質なのでワンちゃんや小さいお子さんが舐めても安心!ノンスリップタイプで滑りにくくなるのでお子様やお年寄り、ペットにも安心なコート剤です。

シリコンコーティングは日々の磨耗により徐々に磨り減ってきますので、表面の汚れを洗剤できれいに取り除き、再度、その上からコーティングを行います。古いコーティング層を除去する必要がありませんので、とても楽に再施工が可能です。

水性アクリル・フロアーコーティング(プラスチック系・アクリル樹脂)

水性は手軽で価格もリーズナブルなコーティング!
アクリル樹脂は従来から床用ワックスとして広く使われています。アクリル樹脂の原材料価格も安価であり、汎用製品に適しています。ホームセンターなどでよく見かける床用ワックスは、ほとんどがアクリル樹脂です。アクリル樹脂の利点は、取扱いが非常に簡単なことです。反面、皮膜の強度が弱く、洗剤などで拭くとすぐに溶解してしまいます。また、水やお湯でも、長時間放置すると皮膜が白くぼやけたりしてしまいます。

コーティング塗膜の硬さを表す方法として「鉛筆硬度」と呼ばれるものがあります。その名の通り、何Hの硬さの鉛筆で描画しても皮膜が破れないか、という一つの指標です。従来のワックスではこの鉛筆硬度が低く、表記されていません。

アクリル樹脂の特徴の一つに透明度の高さを挙げられます。その透明性はプラスチックの女王と呼ばれるほど樹脂の中でもっとも優れており、無機ガラスをも凌ぎます。また、耐候性が良く太陽にあたっても黄色くなったりボロボロになったりしない特徴があります。
※水性アクリル・コーティングについてのご質問等は専門業者にご相談ください。

選択ポイントは「どれが優れている」ではなく基準と目的!

確かな施工業者を見極めることも重要な選択ポイント!
フロアーコーティングの大きな違いはコート剤の成分である樹脂の違いになります。当然のことながら樹脂が違えば特徴も違ってきますし、どのコート剤でもメリットもあればデメリットも存在します。どれが優れているのではなく、選択されるお客様自身が、どのような目的で施工するのかその基準が選択のポイントのひとつではないでしょうか。

コーティングと呼ばれるものは施工も難しく、技術と豊富な経験が必要です。ほとんどのフロアコーティングは一度施工すると5年~10年持ちますから、確かな施工を行う業者を見極めることも重要な選択ポイントですね。

a:1681 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional